[ 11.05 ] Fashion week TOKYO 2012 s/s

こんにちは。

 

先週は「Sweet Swing for HERSHEY’S」のリリースパーティーが行われました。

たくさんのお客さまにいらしていただき、また、たくさんのスタッフの方々にご協力に、心より感謝いたします。
こちらの模様はまた後日、ブログにてアップいたします。
どうぞお楽しみに。

 

 
さてさて、このリリースパーティーのちょうど1週間前、
東京コレクションこと ”Fashion week TOKYO” が行われていました。

 

 
ファッションショーなどの選曲家としても長いキャリアを持つ、西原 健一郎。
そんな西原が今回、4ブランドの音楽ディレクションを担当して参りました。

 

【1日目】10/18:「ato」@ 東京ミッドタウン・ホールA

 

ato」は、西原がショーの選曲を最も長く手がけているブランドの1つです。

 

ato
ato
movie
photo

 

リラックスしていながらエレガントな雰囲気を持つ2012s/sコレクション。
体に沿うパターンシルエットが美しく、またデイリーで着られるデザインでした。
ショーのラストには、スイミングウエアブランド ” SPEEDO “とのコラボレーションしたアイテムラインを発表し、
きれいなスポーツウェアもたくさん!

 

 

【2日目】10/19:「JENNY FAX」@ roomsLINK at belle salle SHIBUYA FIRST

 

今回が2回目のショーになる「JENNY FAX」。

 

JENNY FAX
movie
photo

 

プロムパーティーや学校、マンガなどをデザインモチーフに、少女の内面性を描いたコレクション。
後ろ半分だけがシースルーになっているスカートや制服は、驚いたけどすごく可愛かったです。
集合写真のように女の子達全員が揃って幕が開けるシーンは、ぐっと来るものがありました。

 

 

【2日目】10/19:「Johan Ku」@ HARAJUKU QUEST HALL

 

台湾出身のデザイナー「Johan Ku」。
なんと真っ暗な会場の中で行われました。

 

Johan Ku
photo

 

真っ暗な中、登場するのは発光する服。
目の前を通るモデルを見ると、3D映像を見ているかのような不思議な感覚がありました。
明るいところで見ると、やわらかい雰囲気のニットが新たな表情を見せる、2面性のあるコレクションでした。

 

 

【3日目】10/20:「Ne-net」@ EBIS303

 

にゃー ” でもおなじみなブランド「Ne-net」。

 

Ne-net
Ne-net

photo

 

板で打ち付けられたランウェイの上には、顔のようなポップなモチーフ。
男の子みたいな女の子のポップなスタイルは、色とりどりに遊び心が溢れていました。
かわいらしく力づよい、見た後にエネルギーをもらえたコレクションでした。

 

 

そして最後にショーのリハーサルを見守る西原。(遠くの方に立っています)

 

Kenichiro Nishihara

 

 

とても濃密な3日間でした!

 

 

staff:yoda

 

コメントは受け付けていません。